Manjaroについて

From Manjaro Linux
Jump to: navigation, search
'Manjaro Linux のユーザー層は初心者及び技術的に熟練したユーザーの両方を想定しています。私達はより容易にLinux操作を行うためにユーザーインターフェースとスクリプトを提供します。ManjaroはNVIDIA's Optimusのテクノロジーをサポートします。' Philip Müller - Manjaro Developer

概要

BigManjaroIcon.png

Manjaro は Arch linux(Arch operating system )を基に開発された、ユーザーフレンドリーなディストリビューションです。 Linux コミュニティの中でも、Arch は非常に高速、強力、軽量で最新のソフトウェアを揃えたディストリビューションとして知られています。 しかしながら、Arch は技術的に経験をある程度積んだユーザーをターゲットにしており、専門的知識(あるいは忍耐)が無い人にとっては、使いこなすのは難しいと感じられます。 オーストリア、フランスそしてドイツで、Manjaro はArchオペレーティングシステムの利点に加えて、user-friendlinessaccessibilityをユーザーに提供します。 32ビット版と64ビット版が利用できます。Manjaro は技術的に熟練したユーザーと同じように初心者にも使いやすいシステムを提供しています。 初心者のために,ユーザーフレンドリーなインストーラーを提供します。また、以下の機能を含むデザインになっています。:

  • プリインストールされたデスクトップ環境
  • プリインストールされたグラフィカルなソフトウェアのインストールおよびアップデートのシステム、そして
  • プリインストールされたマルチメディアのコーデック

技術的に熟練したユーザーおよび更に冒険的なユーザーのために,Manjaroは個々の設定に対して柔軟性と多機能性を備えたモジュールを提供しています。 さらに、ミニマリストのために、32ビット版と64ビット版のNET-Editionを提供しています。 プリインストールされたソフトウェアを取り除くことにより、システムの基本的な部分のみをインストールします。 コマンドラインから始めることにより、完全に自由にデスクトップ、ハードウェアのドライバ、そしてアプリケーションなどを選択することができます。

特徴

Manjariは次のようにArchと同様の特徴を持っています。

  • スピード、パワーそして効率性
  • 最新のソフトウェア
  • Access to the very latest cutting and bleeding edge software
  • ローリングリリース( 'rolling release' development model ) によって再インストールすること無しにシステムを最新の状態に更新することができます。
  • そして、Arch User Repository (AUR).へのアクセスが可能です。

しかしながら、Manjaroは次のように独自の特徴を有しています。

  • シンプル化された、 user-friendly なインストールプロセス
  • (グラフィックカードのような)ハードウェアの自動検出
  • (グラフィックドライバのような)必要なソフトウェアの自動的なインストール
  • 十分にテストされ、安定なソフトウェアの提供を保証するために、独自にソフトウェアのリポジトリの提供
  • 複数のカーネルのサポート( multiple kernels)
Xfce.png

最新の安定版のリリース

note: Community Editions differ from official releases insofar as they are not subject to the same release schedules, and will only be developed when the time and resources are available to do so.


最新の安定版の Manjaroのバージョン 0.8.7.1 2013年9月にリリースされました。32ビット版と64ビット版 の公式バージョン(開発チームによってメンテナンスされている)は以下のflavourで提供されています。

  • XFCE
  • Openbox
  • NET-Edition (no desktop)


Manjaroの最新のコミュニティエディション も、32ビット版と64ビット版の両方とも、以下のflavourで提供されています。

  • MATE
  • Cinnamon
  • KDE
  • LXDE
  • E17

Manjaro 0.8.7.1についてのリリース情報はブログの記事を参照してください。Manjaro 0.8.7.1 – Back to the future – released IceWM, FluxBox, AwesomeWM, i3-WM, Gnome 3.8, Razor-QTなどが公式リポジトリより使用可能です。


推奨環境

Manjaroシステムの動作を保証するために最低限の環境ではなく推奨する環境を示します。 多くのディストリビューションがシステムを作動させるのに必要最低限の環境のリストを掲載していますが、実際には(その環境では)十分に作動させることはできません! 少なくとも、以下に示す環境を推奨します:

  • 1 GBのメモリ
  • 30 GBのハードディスクのスペース
  • 1 GHzのプロセッサ(CPU)
  • 高解像度のグラフィックカード及びモニター
  • ブロードバンドのインターネット接続


Reviews

Nabjariはローリングリリースを採用しているので、このreviewのリストは常に最新のバージョンに対するものを示します。

  • "Review: Manjaro Linux 0.8.7" - by JtheLinuxguy (Youtube Video)
  • "Manjaro 0.8.7 "Ascella" XFCE Review: Superb performance with professional looks!" - by Arindam Sen (Blog Article)


Further Information


Manjaro の開発チーム

Core Team

Roland Singer - Project Leader, Designer, Developer, Web Developer, Packager

Guillaume Benoit - Server Manager, Packager, Moderation

Philip Müller - Mirrors Manager, Packager, Developer, Web Developer

Alexandre A. Arnt - Octopi, Community, Forum, Developer (Octopi)


Website and Artwork Team

Tillman Ebert - Design, Testing, Website


Forum, Community and Support

Allesandro Calo - Community, Forum, Website

Ajay Chahar - Community, IRC Support

ringo32 - Forum and Community Support

Verändert - Forum and Community Support

YFDogan - Forum and Community Support

SpaceAviator - Forum and Community Support

handy - Forum and Community Support

Quantum - Forum and Community Support

Carl Duff - Community and Wiki

参照してください