Pacman Overview(日本語)

From Manjaro Linux
Jump to: navigation, search

概要

PacmanはArch Linuxで使用するために開発たpackage managerです。 ソフトウェアのインストール、更新、削除(といったソフトウェアの管理)に使用されます。 Pacmanはterminal上でコマンドラインを入力することで使用されます。 行いたい様々な作業を実行するコマンドは下に示すとおりです。


システムの更新

Tip: Manjaroのインストールの後に最初に行うべき作業です!

システムを更新するためには、terminal上で次のように入力します。

sudo pacman -Syu


Manjaro リポジトリの同期

Manjaroシステムは全てのソフトウェア(システム更新やアプリケーション)のデータを保有しており、それらは公式のリポジトリから利用可能です。 これは、Pacmanによるインストールのためのパッケージの確認及びダウンロードを手助けするものです。 システムを更新すると、それらのデータベースも自動的に更新されます。 しかし、このコマンドを使用することにより、ただ単にデータベースの更新ではなく、実際には完全にリビルドされます。 システムのデータベースをManjaroリポジトリに同期させるためには、terminal上で次のように入力します。


sudo pacman -Syy

リポジトリの同期とシステムの更新を同時に行う場合は、以下のコマンドを入力します。


sudo pacman -Syyu


ソフトウェアパッケージの検索

pacmanはソフトウェアの検索にも使用することができ、Manjaroリポジトリからのダウンロードのためだけではなく、 既にシステムにインストールされているパッケージの検索にも使用されます。


Searching the Manjaro Repositories

Manjaro公式リポジトリのソフトウェアの検索には、次のように入力します。この場合sudoは不要です。


pacman -Ss [software package name]


例えば、Leafpadというテキストエディタが使用可能かどうかリポジトリで検索する場合、次のコマンドを入力します。

pacman -Ss leafpad


システム内の検索

既にシステムにインストールされているパッケージの検索にも使用することができます。 パッケージの基本的な情報を知るためには、次のように入力します。


pacman -Q [software package name]


さらに、より包括的な情報を得たい場合、次のコマンドを入力します。


pacman -Qi [software package name]


パッケージの最新更新日やバックアップファイルの情報を含むより詳細な情報を入手したい場合は次のコマンドを入力します。

pacman -Qii [software package name]


最後に、システムにインストールされている全てのパッケージのリストを表示させる場合、次のコマンドを入力します。

pacman -Ql
Warning: 上記コマンドを使用すると、しばらくの間、多くの文字列がterminal内を飛んでいきます!


依存

あるソフトウェアの全ての依存パッケージ(そのソフトウェアを動作させるのに必要な他のソフトウェア)のリストを出力するためには次のコマンドを入力します。


pactree [software package name]


Orphans

orphansはインストールされているパッケージでシステムのどの部分でも使用されていなくて、結果として目的もなく存在するものを指します。 全てのorphansのリストを出力させるためには、次のコマンドを入力します。


pacman -Qdt


orphansをシステムから削除することをつよく推奨します。目的なく存在しているので無害ではありますが、システムの空きリソースを占拠します。 Orphansをひとつずつ削除するよりは、次のコマンドを使ってOrphansを探し出し同時に削除したほうが良いでしょう。 It is highly recommended to remove orphans from your system, as although harmless,

sudo pacman -Sc $(pacman -Qdtq)

このことについての詳細な説明は、こちらのページを見てください。 Orphan Package Removal [1]

ソフトウェアパッケージのダウンロード及びインストール

公式のManjaroリポジトリではないソースからのダウンロード及びインストールは可能です。 しかし、非公式のソースからインストールしたパッケージについては、自分自身でリスクを負ってください。


Manjaroリポジトリからのパッケージのインストール

ソフトウェアパッケージのインストール行う場合の書式:

sudo pacman -S [software package name]


例えば、leafpadをダウンロードしてインストールする場合、次のコマンドを入力します。

sudo pacman -S leafpad
Tip: 多くのソフトウェアパッケージ(特に複雑なアプリケーション)は他のソフトウェアパッケージ(いわゆる依存パッケージ)を必要とします。 ソフトウェアを動作させるために、それらのパッケージもダウンロードしてインストールされます。pacmanは自動的に依存関係を検出し、インストールを行います。

ソフトウェアパッケージをインストールせずにダウンロードすることも、次のコマンドによって可能です。


sudo pacman -Sw [software package name]


AUR (Arch User Repository)からのパッケージのインストール

AURからのパッケージのインストールはyaourtのようなwrapper for pacmanによって行います。

To install a package from the AUR using a wrapper for pacman like yaourt-

yaourt -S [software package name]

詳細は以下のページを参考にしてください。 The Arch User Repository


インターネット上やローカルに存在するパッケージについて

既にシステム上にダウンロードされたパッケージ(ファイル名の最後にpkg.tar.xzがつきます。)をインストールする場合の書式:

sudo pacman -U [/package_path/][software package name.pkg.tar.xz]

例えば、Downloadsフォルダーにあるパッケージをインストールする場合、次のコマンドを入力します。

sudo pacman -U ~/Downloads/[software package name.pkg.tar.xz]


パッケージをインターネット上のURLからインストールする場合の書式:

 pacman -U http://www.examplepackage/repo/examplepkg.tar.xz

アプリケーションとソフトウェアパッケージの削除

ソフトウェアパッケージを削除する場合の書式:


sudo pacman -R [software package name]


例えば、ソフトウェアアプリケーションLeafpadを削除する場合、次のコマンドを入力します。


sudo pacman -R leafpad

あるパッケージとその依存パッケージ(他のアプリケーションで使われないもの)を同時に削除することも可能です。 メインのパッケージを削除する際に、そのパッケージに占有されていた依存パッケージを削除することは賢い方法です。 なぜなら、それらはOrphansになり、無目的にシステムに存在し、システムの空き容量を占拠することになるからです。 そのためには、次のコマンドを入力します。

sudo pacman -Rs [software package name]


しかし、Pacmanは通常、パッケージを削除するときにバックアップ設定ファイルを作成します。 したがって、より完全な削除(つまり、パッケージ、依存パッケージ、及びpacmanで作成されるいかなる設定ファイルを削除) のためには、次のコマンドを入力します。


sudo pacman -Rns


キャッシュのクリーニング

システムのキャッシュはインストールのためにダウンロードされたパッケージを保持する場所です。 インストール後でも、パッケージはキャッシュに保持されます。 これはソフトウェアパッケージを再インストールする際に再びダウンロードする必要が無いように備えるためです。 しかし、システムの空き容量を増やすためにキャッシュをクリアすることも可能です。 (まれに、新しいソフトウェアパッケージをダウンロードしてインストールするためにクリアが必要な事例があるかもしれません。) 既にインストールしたパッケージのダウンロードのキャッシュをクリアするには、次のコマンドを入力します。

sudo pacman -Sc


一方、キャッシュを完全にクリアするには、次のコマンドを入力します(注意して使ってください)。

sudo pacman -Scc

簡単な/var/cache/pacman/pkgの管理のためのtipsは、次のwikiのページを見てください。 Maintaining /var/cache/pacman/pkg for System Safety [2].


Holding Back Packages from being Upgraded

Courtesy the Arch Wiki

Pacmanの設定は /etc/pacman.conf に記述されています。以下の場合にはpacman.confを編集します。

特定のパッケージの更新を抑える方法

IgnorePkg=package-name

複数のパッケージに対して設定する場合は上記リストでスペースで区切って記述するか、IgnorePkg の行を追加します。


あるパッケージのグループ全体の更新をスキップする方法 (例)

IgnoreGroup=gnome


pacmanオプションの習得について

pacmanの様々な使い方に詳しくなるのは、大変良いことです。 pacmanを使用する際のオプションの包括的なリストは次のコマンドで見つけることかできます。


man pacman

qをタイプするとリストの画面から抜けることができます。


トラブルシューティング

pacmanのトラブルシューティングについてはここが活用できます。


See Also